【モトブログ本格始動!】ハンドルマウントで自撮りアングルを作った話

広告

カメラを2台としたことでアングルに変化を作れるようになりました。新規導入したAS300をメインカメラとしてヘルメットマウントするのですが、既存のAS50はどこに取り付けたらよりおもしろいアングルが撮れるのか…。
取り付け位置について色々と迷っていたのですが、せっかくミラーシールドにして顔が見えないようになったのでハンドルマウントにして自撮りアングルにしてみることにしました!

ハンドルマウントに必要な機材

今のご時世アクションカメラの存在はGoPro兄貴のおかげで広く市民権を得ています。当然、マウント関係も豊富に出ておりましてどのマウントが良いのか頭を悩ませる事態に…。あんまりゴツいのはイヤだし、かといって華奢すぎて使い物にならなくても困っちゃうのでここは慎重な判断が求められます。

という訳で候補を3つに絞り込んで厳選してみる事にしました!

MINOURAマウント SONY純正マウント MyArmorマウント
シンプルイズベストだが少し華奢か? 安心安全の純正パーツ 3軸でアングル自在だがゴツい

SONY純正のマウントからサードパーティのシンプルで価格の安いもの、そして3軸でアングルを決められるけどゴツいものの3つですが、バイクの雰囲気も壊さないでスマートに納ま理想なヤツと考えると…


SONY純正のマウントに決定!

正直、純正マウントは高いです。「ボッタクリかよ!」と思うくらい高いんですが取り付けの簡単さと純正の安心感は値段に勝りました。雲台の角度もある程度自由に調整可能だし、見た目も一番スマートなんですよね。そして高いと思いつつ、ギリギリ手が届く絶妙な価格設定。
商売上手ですなぁ…w


取り付けは超簡単

取り付けは簡単に動画を撮ってみたのでこちらを参考にどうぞ!

ハンドルバーへの取り付けはベルトとダイヤルで行い、角度調整もツマミ付きのボルトで行うので工具などは不要です。出先なんかでちょっと変えたいときなんかにもとても便利!この辺りは流石に良く考えられています。高いだけの事はある。
雲台もカメラと接する面はゴム系の素材となっていて結構強い振動を受けてもカメラが回ってしまわないような滑り止めとして機能しています。


思った以上にガッチリ固定されている

取り付けが完了したのでちょっと意地悪なテストをやってみる事にしました。
カメラを取り付けた状態でぐりぐりとひねるように動かしてみたのですが、予想に反してまったく動かないという超優秀な結果に。流石は純正品、これなら走行中アングルが変わってしまう事もなさそうです。
ボンネビルは振動も少ないので大丈夫だとは思うんですが、走ってみて問題ないかだけ速いところ確認したいですね!

つづく