Sponsored link

超長距離ツーリング!2500km走って福岡から東京までキャンプしながら帰省してみよう!

夏休みのバイク旅、憧れますよね。という事で今年の夏はバイク旅をしよう!と思い立ったが吉日、旅の計画立てと必要であろう道具をぼちぼちとそろえておりました。実はキャンプツーリングにも興味があったのでこれをきっかけに始めてみたいと思います!


ざっくり旅のスケジュールと予定ルート

9日 10日 11日 12日 13日 14日 15日
早朝に福岡出発→天橋立キャンプ場 天橋立キャンプ場→実家 実家でゆっくり 実家→長野 長野→ビーナスラインなど どっかで一泊→福岡帰還 予備日

今回の旅は福岡から地元への帰省をメインの目的としています。キャンプ場もまだ予約すら取っていないのでどうなるかは分かりませんが、天橋立オートキャンプ場がちょうど博多から地元までの中間くらいの距離にあるのでそこに一泊の予定で行きましょう。帰省ついでに長野に友達がいるのでそちらにもついでに立ち寄る計画としていますが、長野にはビーナスラインがあるのでそれは是非行っておきたいところ!ルートはこんなイメージです。

なかなか激しい。西日本から東日本にかけて大きく八の字を描くようなルートです。福岡→地元までで約1,000km、そこから長野まで約250km、総走行距離約2,500kmを見込む超長距離ツーリングですが、各地の観光名所など巡って行くつもりなのでのんびりと走る事になりそうです。


荷物は最低限に!宅急便を有効活用しよう


これだけのツーリングですから、荷物も多くなる事が予想されます。しかしこちとらバイクですから積載スペースなんてほぼありません。という訳で必要な衣類関係は事前に宅急便で送ってしまい、持つのはテントと最低限の着替えのみにしようと思います。カメラも一眼でなく、コンデジにしておこうかな…。何を取って何をあきらめるかはよく考えた方が良さそうです。


道具の紹介をしちゃうよ


今回のツーリングでの宿泊はキャンプとしていますが、そのためにはテントなどを買い揃えなければなりません。道具は軽くてコンパクトなのが最優先としますが気に入らないものを買っても飽きてしまうのでケチらずに欲しいものを揃えた方が良いと思います。もちろん無駄なものを持っていく余裕はないので最低限の装備で出撃。いいものを買うと気分も上がりますし、もちろん財布も軽くなるので軽量化にも一役買います…

テント チェア ライト
オガワキャンパル-Piltz7 Black ALPRANG-アウトドアチェ コールマン-ミニランタン

テントは今やなかなか手に入らない幻の一品、黒ピルツ7を大奮発。軽さ、収納時のコンパクトさも文句なし、物としての完成度は折り紙つきなので長く愛用できればと思います。チェアは有るのと無いのとでは快適さが大違いだという話を聞いたのでチェアも用意。こちらはコストバリューを優先したチョイスですがかなりコンパクトに収納できるところが高ポイントです。また夜暗いと心細くなりそうなのでコンパクトなLEDランタンを購入。蛍光灯やLEDの白い光が嫌いなので温白色に光る物を選びました。シェラフは昔使っていた古いものがあるのでそれを流用しますが本当は余裕があれば新規購入したかった…。最新のものは軽くて小さくて暖かいらしく羨ましい限りです。


以上4点を基本に部屋着とサンダル、1日分の着替えを載せて出発します!長い日で1日600キロほど走るのでしっかり休めるように気を配りましょう。テントのグランドシートや寝床に引く銀マットなども考えましたがとりあえず今回は省きました。他にもタープもあると良いのでしょうが、それは今回の経験を元に本当に必要かどうか判断することにしましょう。何はともあれ道中は安全運転に努めてバイク旅を存分に満喫できるように努めます!旅先で出会った際は優しくしてもらえると嬉しいです笑


つづく