Sponsored link

総走行距離2,637.9km!ボンネビルと行く超長距離キャンプツーリングまとめ【2/3】

福岡から天橋立オートキャンプ場までを無事に走りきり、初のソロキャンプを敢行!前日は21時前には就寝し、5時に起床しました。諸々身支度を整えたら2日目のスタートです!2日目はキャンプ地から実家のある神奈川県までと、中一日挟んで4日目は高速道路を使って目的地まで一気に走ります!


キャンプツーリングめっちゃたのしい!

f:id:YMDK:20170815092339j:plain

という訳で2日目のスタートですが、キャンプツーリングがこんなに楽しいとは思ってもいませんでした。好きな時に好きな物を食べて好きなときに寝るって最高ですね!自然の中で寝泊まりするって言うだけでも非日常感ありまくりでテンション上がります。

夜に少し雨が降ったようでテントが濡れてしまいましたが実家で干せばいいやと思いあらかた水気を落としてパッキング。キャンプ場には僕の他に一人だけテントを張っているバイカーが居ましたがあんまりお話しできなかったなぁ。コミュ障直したいです、本当に。

いざ神奈川へ出発!

1日目は出雲大社に参拝したり、鳥取砂丘を見に行ったりしたので下道メインでしたが2日目は高速道路を使ってワープします。先日取り付けたETC2.0が本領を発揮してくれるはずです。この日も休憩はこまめに取りつつ、確実に歩を進めていきます。途中三方五湖で休憩しましたが、この近くには三方五湖レインボーラインやもう少し進むと伊吹山スカイラインがあったりと、関西のステキワインディングがひしめき合う地帯になっているようです。


名古屋で昼食→新東名高速


天橋立から名古屋までは何と3000円程で走る事が出来ました。さすがETC2.0。すごいぞETC2.0。名古屋で都市環状に入りますがここは別料金で600円程。途中SAが有ったので、お昼時という事もあり鳥天黒酢冷やし中華というのを頼んでみました!写真は、無い。

という訳で昼食を終えていざ神奈川へ!名古屋からは新東名高速をつかいましたがこれがめちゃくちゃ走りやすい!道は綺麗だし車線も余裕のある設計でスピードが出過ぎる道だと確信しました。実際周りの車はとんでもない速度で僕を追い抜いていくので戦々恐々、こちらは荷物満載なので法定速度近辺での巡航でしたがSSなんかだと軽く200kmとか出せちゃいそうな感じです…笑


地元に到着!ボンネビルのオイルを交換しよう

という訳で無事に地元に到着、博多からここまで実に1169.3km!ケツ痛い!!長かったけど楽しかった〜!名古屋からの高速料金は5000円程で、飛行機や新幹線に比べると安く感じてしまいますね。そして驚きなのがこの日はなんと給油一回でここまでたどり着けたという事…!驚きの燃費です。

ここでODOメーターが5329kmを表示。前回のオイル交換が初回点検時(=1389km)だったので、そろそろやってあげなければなりません。地元にはトライアンフ湘南があるので、そこで作業をお願いしました!飛び入りでも快く受けてくださって感謝です。


長野へ向けて出発!


オイル交換も終わり、実家で丸々1日目休んだおかげでケツ痛は完治しテントも乾かすことができました!もう少しゆっくりしたいところですが、タイトなスケジュールの旅なので泣く泣く出発。。。IC近くのシェルでこの旅4回目の給油をして、一路長野へ向けて歩を進めます!

この日はめちゃんこ暑かったので休憩はまめに、水分補給には十分気をつけましたが少しクラッと。革ジャンだし黒尽くめだから暑い…。上里SAで焼きそば食べてなんとか回復!塩分大事。


荷物満載のバイクがたくさん!


圏央道→関越道で長野を目指しましたが流石に途中何カ所か渋滞に巻き込まれます。しかし軽井沢を超えたあたりからは非常にスムーズ。イーネ快晴じゃん!雲1つないよ!真っ赤な太陽!君を知りたいよ!ってな感じで上海ハニーを歌いつつ快晴の長野を走ります。道中たくさんのバイクとすれ違いみんな荷物モリモリでどこかへ向かっていきますが、旅にはそれぞれのテーマがありそれぞれの楽しみ方が有るということがとても素敵だと思います。いろんな地域のナンバーが入り乱れている光景はなかなかインパクトがありました。皆様どうぞご安全に!


目的地到着!


という訳で第二の目的地、長野県は上田市へ到着しました。メーターを取り忘れましたが、走行距離は242km!今回は無給油です。なんだかすごく近く感じてしまいましたが、距離感がおかしくなってきているようです笑。ここには友達がいるのでこの日はそこで一泊させてもらい、いよいよ翌日はビーナスラインを走ります。そのまま大阪へ向かい一泊した後、福岡へと帰還します。旅も後半に差し掛かってきましたが気を抜かずいきましょう!

次回の記事ではビーナスラインから福岡に帰還するまでをまとめたいと思います


関連記事はこちら


motor-cycle.hatenablog.jp
motor-cycle.hatenablog.jp
motor-cycle.hatenablog.jp



つづく